日本酒を通じて
東広島の魅力を
発信するサイト

DISCOVER E酒

Discover East Hiroshima

    日本酒10 - ディスカバー東広島 > 記事 > 東広島の酒蔵直売所情報~今田酒造本店|安芸津町

東広島の酒蔵直売所情報~今田酒造本店|安芸津町

[投稿日]2023年01月06日

※お酒は二十歳を過ぎてから、たしなみましょう。

 

今田酒造本店


今田酒造本店は、白い壁とえんとつが目印。

建物が2階でつながり、1階が門のように通り抜けられる構造になっています。

 

「直売所」というスペースはもうられていませんが、敷地の入り口で今田酒造本店のお酒を購入できます。

スタッフさんに声を掛けると、営業時間中はいつでも対応してくれます。気軽に立ち寄ってみてください。

 

イチオシ商品


(価格はすべて2022年10月現在のものです。)

 

富久長 純米吟醸 八反草(720ml) 1,760円

一度は消えた幻のお米「八反草」を復活させ、醸しています。

八反草ならではの旨みとキレのある味わいをお楽しみください。

料理の味を引き立て、寄り添うお酒。和食やチーズに合わせていかがですか。

 

サタケシリーズ HENPEI(720ml) 1,980円

精米機メーカー「サタケ」の新型精米機で、従来、球状に磨いていた米を薄く磨く「扁平精米」

雑味の原因となるたんぱく質を含む外側を削ることで、圧倒的なキレを生み出しています。

酒名は、削った形から名付けられました。キレ&ドライ感をぜひ楽しんでください。

 

純米酒 海風土 sea food(720ml、1,650円)

「安芸津の名産品に合うお酒を」と、生まれたお酒。

安芸津名産のカキと合わせて味わってみてはいかがですか。

その他、魚介料理なども好相性。爽やかな酸味は、白ワイン感覚でいただけます。

夏は、炭酸水で割って飲んでみても◎。

 

売り手からひと言


海、山、風光明媚な安芸津町で生まれるお酒を、地元の名産品と合わせて楽しんでください。

今田酒造本店までのアクセス


東広島市内で唯一海が見える町・安芸津町へは市内中心部から車で30分程度。

近隣市からもアクセスしやすく、ドライブには程よい距離感です。

 

JR呉線安芸津駅からは歩いて5分程度。

同じ町内にある柄酒造本店にも歩いて5分程度で行くことができます。

 

晩酌のおともに 安芸津名産 牡蠣


安芸津町の三津湾は、他の地域の海水に比べ塩分濃度が高いため、牡蠣の味が濃厚で、ミネラルが豊富

冬のイメージが強い牡蠣ですが、広島県の独自ブランド「かき小町」は、通常のものに比べ大粒で、1年中美味しく食べることができます。

今田酒造本店のお酒と安芸津の牡蠣。お家で最高の晩酌が楽しめそうですね。

牡蠣の直売所情報はこちら

 

柄酒造


車で2分の場所には柄酒造があります。

同じ安芸津町内で造られる違った味わいの日本酒も一緒に購入して帰るのはいかがでしょう。

柄酒造の情報はこちらから

 

今田酒造本店基本情報


 

所在地 東広島市安芸津町三津3734(マップ
電話番号 0846-45-0003
休み 土、日、祝
営業時間 平日9:00~17:00
支払い方法 現金・PayPay
駐車場 20台(建物向い)

 

RECOMMEND

Sake brewery.
Discover East Hiroshima
酒文化を支える10の酒蔵

トップへ